メインイメージ画像

どういうスタイルで運動するか

どんなスポーツでもトレーニングとして走ることは良いことのようです。筋肉トレーニングのみで十分だという意見もあるみたいですが、走りこみで脚や腰の筋肉全部を使うし、そのうえ体の筋肉全部を使用する動きでもあるそうです。そして足腰が頑丈になるだけじゃなくて、心肺能力や循環機能が上がって、そのために体力がつくのです。走るという行動は色々なスポーツの土台であり怪我のない体にする上で非常に重要だということですね。頑張り続けたいですよね。

我が日本のスポーツ人口は、バブル経済の崩壊以降の20年間減少が続いていて、歯止めがきかないようです。しかし7年後に開催される夏季のオリンピックの開催都市が東京に決まったことで関係する人たちはスポーツ人口の拡大に期待を持っているらしいですね。オリンピックの誘致が決定した効果でレベルだってアップするでしょう。それに、オリンピックをはじめその他の国際的な大会でも良い成績を期待できますね。

このところめっきり体力が落ちた、と思い悩む人も多いかもしれません。

体力が落ちてしまうと風邪をひきやすく暮らしに支障をきたすのです。そんなわけで体力を保つためスポーツを始めてみようかと考える人も多いでしょうが、どのスポーツをすれば良いのでしょうね。体力をキープするためにやるので激しい運動の必要はありません。ウォーキングや水泳、ジョギングやサイクリングなど手軽にできるものから始めてみてはどうでしょうか。自分に合う運動があったら良いですよね。

更新情報